スポンサードリンク

スクリーンショット (3592)
こんにちは。管理人です。
「ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて」が発売されて2週間近くが経過しました。
発売10日で売り上げ本数が300万本を突破したという事実は、
ドラクエというブランドの影響は確かにあるのかもしれません。

今まで管理人はドラクエ以外にも長年沢山のゲームをプレイしてきました。

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めては、
ゲームでしか味わえない感動が他のゲームより数倍強く感じ、ゲームとして最高に面白く、そこにドラクエのブランドが乗っかるような形での売り上げ本数だと感じています。
ドラクエとしては、今まで以上にキャラクターに対して感情移入をしたとも思います。

堀井雄二史氏の拘りである「主人公はプレイヤー自身だから喋らない」というのも、
本作のストーリーでは今まで以上に相性が良かったと思います。

この作品はいつまでもプレイするでしょうし、一生忘れる事はないでしょう。

・多くの訪問者の方への感謝

当ブログを閲覧頂きありがとうございます。
ここ最近、毎日3万人近くと非常に多くの方が訪問されている事を嬉しく思います。
また、評価された記事の続きを書いていくという方針なので、評価を判断するためにブログランキングボタンを登録しているのですが、そちらも沢山の応援を頂いている事を把握しております。

更新内容に関しては、ドラクエの事なら何でも書いていくブログとなります。
かなり不定期の更新なのですが、ここ最近は更新頻度は高めです。
管理人自身を前に出していくのではなく、管理人のブログというよりドラクエのブログですね!

管理人を中心にではなくドラクエを中心に記事を書いているので、
色々なドラクエ好きな方の暇つぶし程度になれば、と思います。

動画に関しても、自分で見返す用のつもりだったのですが沢山の方に視聴していただいている事を嬉しく思います。

・記事上部固定・更新予定について

需要が高い記事を上部に固定しているのですが、
現在3つの記事を固定しています。

見た目が変更できる全てのおしゃれ装備の入手場所・作成レシピ入手場所・+3作成数値・キャラクター別詳細データリンク

上記の全おしゃれ装備の入手場所と、+3作成数値キャラ別データリンクの記事につきましては固定する予定はなかったのですが、必要な情報だと判断した為固定することにしました。
2段目に固定してある装備品一覧にもリンクは貼ってあるのですが、暫くの間固定させていただきます。

クエストの記事更新を一切行っていないのですが、本作では取り返しのつかない要素があるのか?と気になっている方が多いと判断したため、周回プレイをしながらそちらの調査を優先的に行っております。

「取り逃してしまった宝箱・イベント・クエスト・モンスター・取り返しのつかない要素」救済ポイントを調査

調査内容は上記記事にまとめてあります。


これからも様々な記事を書いていくので暇つぶし程度にでも見て頂けると幸いです。
それではまた次回の記事でお会いしましょう。

最後まで閲覧頂きありがとうございます。
次回の記事の参考にさせて頂くので
記事が役に立った場合はランキングボタンの
クリックをお願いします(*´ω`*)

↑このページのトップヘ