CsnrrAmVYAA8c4v (2)
・スライムバーン(スライム系)

不利な状態変化が自分に起こった時(発動確率20%)
テンション低下・最大HP減少・最大MP減少・いあつ系特性の休み効果・敵味方全体に対する状態変化(霧や刻等)アンラッキーは影響しない。

・ドラゴンバーン(ドラゴン系)

有利な状態変化がに起こった時(発動確率%)
おうえん・系統テンションバーン・テンションを奪う効果によるテンション上昇・チェイン・ライドは影響しない。

・ビーストバーン(魔獣系)

物理攻撃自分がダメージを受けた時(発動確率10%)

・ワイルドバーン(自然系)

のHP・MPが回復した時(発動確率20%)
HP・MPを奪う効果による回復は影響しない。

・デビルバーン(悪魔系)

物理攻撃以外で自分がダメージを受けた時(発動確率10%)

・ゾンビバーン(ゾンビ系)

敵味方の誰かが力尽きた時(発動確率20%)
みちづれのワルツの効果で力尽きた時と、亡者の執念の効果が切れた時は影響しない。

・マテリアルバーン(物質系)


有利な状態変化が自分に起こった時(発動確率10%)
テンションの上昇・チェイン・ライドは影響しない。

・ブレイクバーン(ブレイク系)

味方が会心の一撃を繰り出した時(発動確率20%)

・ワンダーバーン(???系)

敵味方の誰かが復活した時(発動確率50%)

各発動確率はサイズ・一族の誇りの特性・活気の印系により上昇し、複数の効果がある場合倍率が掛け算される。
本作では仕様が変更され、発動確率がパーティ内の1系統数モンスター最大数がそのままの倍率になる。
※例
???系2体・その他2体ならワンダーバーンの発動確率が2倍になる。



最後まで閲覧頂きありがとうございます。
次回の記事の参考にさせて頂くので
記事が役に立った場合はランキングボタンの
クリックをお願いします(*´ω`*)

ドラゴンクエストランキングへ