CsnrrAmVYAA8c4v (2)
・連携

同ラウンド中に2体以上で連続攻撃をした場合、
攻撃同士が繋がる連携が発生することがあります。
 

・連携の効果

・2番目以降の攻撃ダメージが0.1倍ずつ増加する(対戦時)
・たいあたりと特攻のダメージは増加しない)
・先に攻撃するモンスターのレベル・テンションが高く、残りHPが低いほど起こりやすい。
・先に攻撃するモンスターがチェインの効果を受けている時は必ず発生する。(※2ラウンド発生
・対戦では発動確率が2倍になる。
・連携が発生するのは同ラウンド中、敵味方それぞれ1回ずつまで。
・攻撃対象が持つ、力尽きる時に効果を発動する特性が発生しない。(亡者の執念、根に持つタイプ等)
・攻撃対象が持つ、攻撃を受けた時に発動する特性が発生しない。(カウンター、〇〇ボディ等)

・連携中は攻撃を反射されない。(反射される状況の場合無効になる)
・相手側の系統テンションバーンを発動させない。
・連携中によるジャッジポイントの獲得が1.2倍になる。(前作から変更されているので注意)


・連携できない攻撃

・ライドインパクト
・ジバリア・ジバリカ・ジバリーナ・ジバルンバ
・メガンテ
・ステルスアタック
・せいけんづき
・パーティーチェンジ
・混乱時の通常攻撃
・敵味方に影響がある特技(霧系)
・特性による攻撃(寝返り、狂戦士等)

連携は対戦のカギを握る重要なポイントです。
本作では、行動によるジャッジポイントの取得方法が大幅に変更されたので、
更に重要となりました。
前回の記事に書いた通り前作よりチェインが非常に置きやすくなったので、
試合展開も早くなります。

最後まで閲覧頂きありがとうございます。
次回の記事の参考にさせて頂くので
記事が役に立った場合はランキングボタンの
クリックをお願いします(*´ω`*)

ドラゴンクエストランキングへ