20120916153700
前回の続きの後編です。前回の記事はこちら
懐かしいドラクエ10の過去を振り返る勇者を夢見る50代男性Aシリーズ第二弾。
※一瞬で思いついたことをそのまま書き続けたフィクションです。

・前回のあらすじ「悪霊の神々を倒して自慢したい」

募集はたくさんあるが、やはり鉄板の構成である「武武僧僧」のみだった。
火力が高く、回復役も2人居る。確かに他の構成が無いくらい人気である。
ここ最近では、むしろこの構成以外を見たことが無い。
前にも話したように戦士でグレン城下町をただ歩いてるだけで、
戦士ww」と思われることも少なくなかった。
ダウンロード
だが、3体同時に戦うことが可能なのだろうか?と自分は疑問に感じていた。
HPが同じとは限らないが、それでも乱戦になることは間違いない。
顔面にデスファイアを浴びながらツインクローをフラフープをするように腰を動かし回避しろなんてさすがに馬鹿げている。
事前情報ではバズズが最初に動き出すと言っていた。さて、どうしたものか。
募集に耳を傾けてみる。

「悪霊募集!武武僧僧!実装されたらすぐ行きます!」
「最速悪霊討伐!もちろん武武僧僧!教会前!」 
悪霊行きます!スパスパ僧僧!
goro
来たよ来たよ・・。スパスパ僧僧。
武闘家とは違い、ボディガードを貼りつつゴールドシャワーで範囲攻撃する構成だ。
非常に強力だが多額の費用が掛かり、もはやごり押しとも言える戦法。
金持ちの道楽と言った所か。自分にはとても理解できなかった。
その募集が出た途端、全員の募集の仕方が変わった。

「悪霊募集!武武僧僧!スパ無しで実力で勝負!
「最速悪霊討伐!もちろん武武僧僧!スパ(笑)教会前!」 

こいつらは良くわかっている。男なら真っ向から勝負を仕掛けるべきだ。
自分も参加希望の声を荒げる。

男性A「武で参加。ドラクエ歴長めの達人。正々堂々と武武僧僧希望

我ながら完璧だ。これならすぐに声がかかるだろう。
武僧僧で既に組んでいるパーティーから仲間に誘われたので参加する。

ウェディ♂「どもっすーww
人間♂「よろ
プクリポ♀「よろしくおねがいします
男性A「よろしく」

ウェディ♂がリーダーで武闘家。他の2人が僧侶だ。
が、いきなりウェディ♂が自分にこう言ってきた。

ウェディ♂「あれ?ソーサリーあります?

バズズの討伐報酬であるソーサリーリング。
もちろん自分はバズズを倒したことすらないので持っていなかった。
しかし、効果は戦闘終了時にMPを回復するもので今回は必要無いはずだ。

男性A「ないです」
ウェディ♂「了解っすww

こいつ、明らかに自分を見下している。
間違いなくファミコンからドラクエを極めている自分より歴は短いはず。
まあ、装備を見る限り確かに武闘家としてはなかなかではあった。
今回は勝利できればいいので正直どう思われようと構わない。

4人で割り勘をし、ウェディ♂がコインを購入しついに出陣。
魔法の迷宮の奥に向かうとバズズがそこに居た。

ウェディ♂「とりあえずタイガーぶっぱでバズズやっちゃいましょうww
人間♂「よろ
プクリポ♀「はーい
男性A「はい」

正直、プクリポ♀以外の印象が最悪だ。
特に人間♂はフリーコメントが「宿題だるい」であり、
さっきから「よろ」しか発言していない。
あれこれと考えてる内にウェディ♂がバズズに接触し戦闘がついに始まった。

2人でタイガークローをバズズにぶちかます。正直ハイテンションになってしまい、
置いてあるアサヒスーパードライを盛大にこぼしてしまった。
そんなこともお構いなしに自分はタイガークローをぶちかます。

男性A「(これ、行けるんじゃないか?)」
まだバズズのHPは半分以下の黄色表示にはなっていないが、これはいけると自分は確信した。

が、ここでウェディ♂がアトラスにタイガークローを当ててしまう。
いきなり動き出すアトラスに全員が驚く。

ウェディ♂「あああああああああああああ
人間♂「おい

もう最悪な雰囲気だ。敗北の二文字が浮かび、頭が真っ白になる。
もう何がどうなっているか訳が分からなくなり焦りに焦ってしまい、
自分はウィングブロウをベリアルに対して気持ちいいくらいに何度もぶちかましていた。
飛んでくるデスファイア。大地の怒り。
最後に残った人間男が天使の守りで復活した後に良く分からない挙動で逃げるように爆走し、

ウェディ♂が「天使!天使!天使!天使!」とひたすら叫び続けていた。
全滅し多額のゴールドが無駄になった現実と共に頭が真っ白になり、
サーバー1グレン城下町に戻された。

空気は最悪としか言いようがない。
しかも先ほどスパスパ僧僧で募集をしていた奴が近くに居て、
勝ったーww
と自慢げに叫び続けている。
より一層最悪な気分になった。全員無言の状態が続く。

そしてもう一つ気になったのが、さっきまで武武僧僧で募集をしていた奴らが、

「悪霊募集!武スパ僧僧!ラリホーマ把握!」

「悪霊討伐!もちろん武スパ僧僧!ラリホーマ予習おk!教会前!」

募集文が変わっているではないか。スパ入りに変更されている。
なんて根性が無い奴らだ。とも思ったのだが、

男性A「(ラリホーマ・・?)」

もしかして効くのか?
いや、効かないならわざわざラリホーマと言いながら募集なんてしないだろう。
正直もうあと1戦行ける分のゴールドしか持ち合わせていない。
そして、どう考えても武武僧僧は無理があると脳裏をよぎり、
自分は心が折れてしまいそうになっていた。
ラリホーマと騒がれているので3人に提案してみようと思ったその時であった。

人間♂「なんでめっきゃくしないの

めっきゃく・・?心頭滅却の事だろうか。
効果はブレス耐性UPだから確かに有効ではあるが。

人間♂「あとせいすいもつかってほしいぼくに
ダウンロード
まほうのせいすいを自分に対して使えということだろうか。
正直この言い方に腹が立つ。コミュニケーションを取るつもりが、
心底感じられない。と思っていたら2人がこう言い放つ。

プクリポ♀「ごめんなさい
ウェディ♂「はい
DETQ_558cb7f6819801435285494

何故かウェディ♂ですら頭を下げてしまった。
完全に主導権を人間♂に握られてしまう。

ウェディ♂「それで行ってみましょう
ウェディ♂に最後の持ち金を渡しコインを買う。

もうこれは明らかに失敗するとしか考えられなかった。
自分が声を上げる。

男性A「ラリホーマが効くらしいです

プクリポ♀「おお!
ウェディ♂「スパwwww
人間♂「むり

その後無言でそのまま魔法の迷宮に連れていかれた。
もうなんなのだ。
正直、正々堂々武武僧僧とか30分前に発言していた自分が恥ずかしい。

人間♂「めっきゃくないとむりだからぜったいして

ウェディ♂「はい
プクリポ♀「はい

もう俺はそうゆう問題じゃないと言いたいくらい、
アサヒスーパードライの缶を握り潰しそうになりながら怒りに満ちていた。
戦闘が始まる。

高らかに手を上げるモーションで心頭滅却を使用する。
しかし、瞬時にツインクローで自分が死んでしまった。

プクリポ♀にザオラルを貰い生き返る。すぐに滅却を使用したがまたすぐに力尽きる。
まるで手を上にあげるだけの舞を踊っているかのようだ。
そして人間♂も心頭滅却を使用しては力尽きるを繰り返していた。

人間♂「こうげきして

地面を舐めながら今度はこうげきしろと言い放つ。
そしてウェディ♂が必中拳をミスってバズズにかましてしまい、

人間♂「たいがー
と言い放つ、そんなことは誰でもわかっているだろう。

そこで誰もが予想していなかった自体が発生する。
プクリポ♀がアトラスとベリアルに対してスティックで殴ったのだ。

人間♂「

俺と、ウェディ♂も同じ思いだったのかもしれない。
プクリポ♀がついにブチギレたのだと確信した。

全滅し、街に戻ると一瞬で解散。
そしてプクリポ♀からフレンド申請が届いた。
初めてのフレンド申請に戸惑いながらも承認する。

プクリポ♀「災難でしたね・・今度スパ入れていきましょう!

自分は、ドラクエを誰かとやるなんて絶対に認めたくなかった。
10もずっとソロでやるつもりだった。
だが、こういった関係も意外と悪くないと少しでも思ってしまった瞬間だった。
こぼしてしまったアサヒスーパードライの事を思い出し、
それだけ誰かとプレイするドラクエに没頭していたと思い知りながら、
その日はログアウトし、眠りについた。

次回予告「リュウイーソー狩りをしていたら通行人に「www」と言われた話
※続きを書くか未定です。下のボタンの評価を頂いた場合はまた書きます。
最後まで閲覧頂きありがとうございます。
次回の記事の参考にさせて頂くので
記事が役に立った場合はランキングボタンの
クリックをお願いします(*´ω`*)

ドラゴンクエストXランキングへ