goro
当ブログで一番の人気シリーズ。
50代男性Aシリーズのドラクエ11編開始です。

・登場人物

ダウンロード
 ・50代男性A

このシリーズの主人公。
ドラクエシリーズの知識ならだれにも負けたくない。
ファミコンシリーズからプレイしている古参プレイヤー。 
最近ドラクエを始めた若い人や新規プレイヤーの方に、
昔ならではの豊富なドラクエ知識を自慢したがる癖がある。 
オンラインになった10でも、ドラクエはソロでプレイするべきとずっと考えている。

好きなドラクエは3・5・8
好きな職業は前衛を好み、特に戦士に強い拘りを持つ。 

その性格から、ドラクエ10ではたくさんの事件を起こした伝説の勇者(
彼のドラクエ10での活躍はこちら。(当ブログで一番の人気シリーズです。)

ドラクエ10人気記事「勇者を夢見る50代男性A」シリーズ一覧


【第1話】「ドラクエファンと自慢げに話す店員が全くの無知でキレた話」


~7月某日~

店員1「ドラクエ11!!予約受付中です!!
店員2「3DS版・PS4版好評予約受付中です!

ダウンロード

男性A「・・・。」

自分はドラクエシリーズは大体プレイしている。
ファミコン世代からナンバリング作品もすべてプレイしているが、
10はオンラインになると聞いて、自分は正直戸惑った。

他のプレイヤーと冒険をするなんてドラクエでは考えられなかった。
9はもちろん一人でプレイした。すれちがい通信で地図を集めたりはしたが、
ドラクエは1人でじっくりとプレイしたい、今もそう思っている。
ダウンロード

今日は都内のゲームショップに来ている。
発売が迫ってきているドラクエ11の予約をするためだ。

店内を歩いていると店員の会話が聞こえてきた。

店員1「いやーまじでドラクエ11楽しみだわ・・震えて来たwwめっちゃファンなんですよwwドラクエのww
店員2「お前本当にドラクエ好きだよな。俺もまあまあ好きだけど。

ダウンロード
ほう、ドラクエ歴がどれくらい長いか分からないが、
大した若者だ。

店員1「新作って9以来だから・・DSの時代だわwwめっちゃ久々にドラクエプレイ出来るww
goro
はいはい。そうだと思いましたよ。
甘い。甘すぎる。こいつは何を言っているのだ?

どこが「めっちゃファンww」なのか理解に苦しむ発言だ。
ジョーカーシリーズや、ドラクエ10もプレイしていないではないか。

会話を聞いていると、店長らしき人物が彼らに話しかけていた。

店長「お前、確かドラクエ好きだよな?売り場作りはお前に任せる。頼んだぞ。

店員1「任せてくださイオナズンww

ダウンロード
・・・。(失笑しながら黙って聞いている)

店長「イオナズンは知ってるわ。イオ系最強の呪文だろ?

店員1「さっすが店長ww正解っスww
goro
あまりの怒りで、お~いお茶のスチール缶を握りつぶしてしまった。

最強はイオグランデだろうが。
こいつら、全くドラクエの事が何もわかっていない。

いくらなんでも甘すぎる。ファミコン版からやり直して来いとも思う。

それと同時に、
こんなに近くに「全作品を完全にやり込んでいるドラクエの達人」が居る事に気付いてほしいと思い、
彼等の近くに行き、聞こえるようにハッタリの発言をすることにした。

ダウンロード

男性A「さーて、3DS版とPS4版を保存用とプレイ用にそれぞれ2つ予約するか。まあドラクエファンなら当然なのだが。

店長「え!?2つずつ!?
店員2「・・すげえな。ガチ勢じゃないか。
店員1「凄すぎクソワロタww
goro
我ながら完璧な発言だ。格の違いを見せつける事に成功する。
どれだけ自分が甘い発言をしていたのか、さぞかし後悔している事だろう。
真のファンとはレベルが違うのだ。

店員1「ご予約ありがとうございます。レジカウンターへどうぞ!
ダウンロード
・・・。

これはまずい事になった。本当に買う事になってしまう。
しかしここで「やっぱり無しで」と言ってしまったら完全ににわかドラクエファンではないか。

決断の時が迫ってきていた。

第2話に続く。続きはこちら。
【第2話】50代男性Aがドラクエ11をプレイ。「マヒャデドスをマヒャドデスと子供に教えている父親に指摘するか迷った話」